ランボルギーニ ガヤルド “超軽量”仕様、日本導入

自動車 ニューモデル 新型車
ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
  • ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
  • ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
  • ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
  • ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
  • ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
  • ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
  • ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
  • ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ
ランボルギーニ・ジャパンは1日、今年3月のジュネーブモーターショーで発表したスーパースポーツモデル『ガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラ』の日本国内での販売価格を発表、同日より販売を開始した。価格は、6速セミAT・eギア、6速MTともに2913万2250円。

「スーパーレジェーラ」とは「超軽量」を意味し、ベースモデルの「ガヤルドLP560-4」から70kg軽量化、搭載する直噴5.2リットルV10エンジンは10psパワーアップし最大出力570psを発揮する。

空力性能の向上が図られたエクステリアには、少量のみが限定販売された同ブランドのトップモデル『レヴェントン』を彷彿とさせるフロントバンパー、大型のエアインテーク、レーシングカーさながらのリアディフューザーやリアスポイラーを装備。インテリアにもスポーツ性を高める専用装備を多数採用した。

日本国内でのデリバリーは7月以降の予定。

今回のガヤルド LP570-4 スーパーレジェーラの導入により、日本国内でのランボルギーニラインナップは、限定車の『ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ』(eギアが4688万2500円)を含め全7モデルとなった。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集