スバル プレオ の名前を継続させた理由

自動車 ニューモデル 新型車
新型プレオ(カスタムRS)
  • 新型プレオ(カスタムRS)
  • 新型プレオ(カスタムRS)
  • 新型プレオ(カスタムRS)
  • 新型プレオ(バン)
  • 新型プレオ(バン)
  • 先代プレオ
スバルが20日に発売した新型『プレオ』は、ダイハツ『ミラ』ベースのOEM供給車だが、『R1』『R2』の“ハッチバック系”カテゴリの穴を埋める新型になぜ「プレオ」という名前を与えたのか。

スバル商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの大崎篤氏は、その3つの理由を話してくれた。

「まずひとつは、プレオの持つ広い空間やユーティリティの高さは、ベースのミラとも通じるところがある。全高が1550mm前後というところも近い」

「スバルの軽自動車ラインナップのなかでもブランドイメージを確立しているモデルのひとつであるし、ユーザに覚えてもらいやすい名前でもあること」

「最後は、バンのグレードがあることも共通している。商用展開してきた実績からもプレオという名前になじみやすいのではないか」

スバルの軽自動車ラインナップは、背の高い順に『ディアスワゴン』(全高1875mm)、『ルクラ』(1730mm)、『ステラ』(1645mm)、プレオ(1530mm)となり、この“軽新4兄弟”で拡販を狙っていくという。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • スバル富士重、通期業績見通しを上方修正…レガシィ 販売が予想以上 画像 スバル富士重、通期業績見通しを上方修正…レガシィ 販売が予想以上
  • 【スバルの先進安全技術】状況の変わり目に“問いかけ”…新クルーズコントロール 画像 【スバルの先進安全技術】状況の変わり目に“問いかけ”…新クルーズコントロール
  • 【スバル ルクラ 登場】2台のOEMが軽ラインナップを拡充 画像 【スバル ルクラ 登場】2台のOEMが軽ラインナップを拡充

特集