スバル インプレッサ STI スペックC、グループN公認を取得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
インプレッサ WRX STI スペックC
  • インプレッサ WRX STI スペックC
  • インプレッサ WRX STI スペックC
  • インプレッサ WRX STI スペックC
  • インプレッサ WRX STI スペックC
  • インプレッサ WRX STI スペックC
  • インプレッサ WRX STI スペックC
  • インプレッサ WRX STI スペックC
  • インプレッサ WRX STI スペックC
富士重工業は12日、スバル『インプレッサWRX STI スペックC』が国際自動車連盟(FIA)のグループNホモロゲーションを4月1日に取得したと発表した。

FIAグループNは、世界各国で開催されている量産車をベースとした改造車両による競技カテゴリーのひとつ。改造範囲が厳しく制限されるため、ベース車両の性能が問われるカテゴリーで、競技に参加する車両にはホモロゲーション(認証)の取得が義務づけられている。今回ホモロゲーションを取得したことでグループN競技への参加が可能となった。

インプレッサWRX STI スペックCは2009年7月に発売、「WRX STI」をベースに車体の軽量化、ボールベアリングターボや専用ECUの採用など、モータースポーツでの使用を前提にパフォーマンスを強化したモデル。18インチタイヤ仕様と17インチタイヤ仕様を設定するが、今回ホモロゲーションを取得したのは18インチ仕様。

スペックCのデビューは、8月に開催されるプロダクションカー世界ラリー選手権(P-WRC)第6戦「ラリードイツ」の予定。ドライバーは、FIA公認の国際レースで2度の総合優勝経験のある新井敏弘選手だ。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集