トゥインゴ ゴルディーニRS をシャンゼリゼに展示中 価格は…

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニRS。アトリエ・ルノーで
  • ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニRS。アトリエ・ルノーで
  • ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニRS。アトリエ・ルノーで
  • ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニRS。アトリエ・ルノーで
  • ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニRS。アトリエ・ルノーで
  • ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニRS。アトリエ・ルノーで
  • ダスター(向かって右)
「ゴルディーニ」復活プロジェクトの第一弾であるルノー『トゥインゴ・ゴルディーニRS』が、パリ・シャンゼリゼのショールーム「アトリエ・ルノー」に展示されている。

展示車のボディカラーは、ブルー・マルト(マルタ島のブルー)と名づけられた青。ベースは2008年ジュネーブモーターショーで発表された『トゥインゴ・ルノー・スポール』で、1.6リットル133馬力エンジンとマニュアル5段変速機もそのまま踏襲している。フランスの課税馬力では8CVに相当する。

展示車の緒元表に記されたフランス国内価格は、付加価値税19. 6%込みで1万7750ユーロ(約220万円)となっている。それとは別にメーカーによれば、1万5900ユーロ(約197万円)の仕様も用意される。

“復活版”の先輩で、ライバルとなるであろうアバルト『500』(1.4リットル135馬力)のフランス国内価格は1万8500ユーロ(約229万円)だから、トゥインゴ・ゴルディーニRSのそれは充分競争力あるプライスといえる。

トゥインゴ・ゴルディーニRSは昨年11月に同ショールームで報道陣に公開され、フランスでは3月9日から受注が開始された。だが現在は「これは仮生産モデルです。そのため現在は乗車できません」のサインと共に、ドアロックが掛けられて展示されている。

そのため、3月初旬開催のジュネーブモーターショーで公開されたダチア・ブランドの低価格SUV『ダスター』と来場者の人気を二分しているものの、前述の断り書きに気づかずトゥインゴ・ゴルディーニRSのノブを上げたあと、思わず「お預け」を喰らうファンが続出している。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集