[動画]カーボンモーターズ E7…米パトカー専用車の先進度

自動車 ニューモデル 新型車
E7のPR映像
  • E7のPR映像
  • E7のPR映像
  • E7のPR映像
  • E7のPR映像
  • E7のPR映像
  • E7のPR映像
米国カーボンモーターズは22日、2012年に米国市場へ投入するパトカー専用車、『E7』にBMW製ツインターボディーゼルを搭載すると発表した。動画共有サイトでは、E7のPRビデオが公開されている。

カーボンモーターズは、元警察官のステイシー・スティーブンズ氏が設立した新興メーカー。2009年4月、パトカー専用車の『E7』を公開し、その名が知れ渡った。

E7は全米の警察官3000人の意見を参考に、設計段階からパトカー専用車として開発。バンパーやルーフにはLEDフラッシュライトを内蔵し、ナイトビジョン、ビデオカメラ、ボイスコントロール、ナンバープレート自動認識システム、無線装置などを標準装備する。スペースフレーム構造が実現するボディ剛性の高さも特徴で、120km/hでの追突や40万kmの走行に耐える性能を備える。

室内もポリスカー専用仕様となっており、例えばリアドアは手錠を付けた容疑者が乗降しやすいように逆ヒンジ化。前後シート間の仕切りやリアシートの拘束ベルトといった容疑者護送用の装備が、あらかじめ取り付けられている。

インパネのコンピューターも注目すべき装備。15インチの大型液晶モニターとキーボードを備えており、カーボンモーターズによると、特殊センサーを接続することで大量破壊兵器の発見も可能にするという。

エンジンは、BMWから供給を受ける3.0リットル直列6気筒ツインターボディーゼル。北米向けの『3シリーズ』と『X5』に搭載されているユニットで、最大出力265ps、最大トルク58.8kgmを引き出す。最大トルクはガソリン6.0リットルV型12気筒並みで、1100 - 4200rpmの常用域において、全トルクの80%を引き出す設定だ。

E7は6速ATとの組み合わせで、0-96km/h加速6.5秒、最高速250km/hという優れた追跡能力を発揮。それでいて、米国EPA(環境保護局)予想燃費は、12.75km/リットルと環境性能も高い。SCR(選択的触媒還元)やDEF(ディーゼルエグゾーストフルード)を採用し、全米50州のディーゼル規制を満たしている。

E7は2012年から、警察へのデリバリーを開始予定。価格は公表されていないが、5万ドル(約450万円)程度と予測される。発売2年以上前の2009年6月時点で、受注台数は1万台を突破。ディーゼル特有のアイドリング音やポリスカーならではのフラッシュライト、多機能大型センターモニターなどを紹介した映像は、動画共有サイトで見ることができる。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース