スバル インプレッサWRX…ワイドボディを全車に採用

自動車 ニューモデル 新型車
インプレッサWRX(2011年モデル)
  • インプレッサWRX(2011年モデル)
  • インプレッサWRX(2011年モデル)
  • インプレッサWRX(2011年モデル)
スバルオブアメリカは23日、米国向け『インプレッサWRX』に、2011年モデルを設定した。従来、5ドアの『WRX STI』専用だったワイドボディを、WRXシリーズ全車に拡大採用したのが特徴だ。

米国向けのインプレッサWRXは、5ドアハッチバックと4ドアセダン(日本名:『アネシス』)の2種類。エンジンは、どちらも2.5リットル水平対向4気筒ターボ(265ps、33.7kgm)を搭載し、トランスミッションは5速MTだ。

2011年モデルでは、5ドアのWRX STI専用だったワイドボディを、WRXシリーズ全車に拡大採用。ワイドボディ化によって、車両重量は約15kg増加(5ドア)したが、それでもスバルがワイドボディにこだわったのには理由がある。

ワイドボディ化のメリットは、大径タイヤを履けるようになった点だ。トレッドは前後とも約38mm拡大。タイヤサイズは225/45R17から、235/45R17サイズに変更された。これに連動して、リアサブフレームブッシュを強化。スバルによると、2011年モデルは従来よりも優れたグリップ性能を発揮するという。

もちろん、ワイドボディ化によって、見た目のアグレッシブさは大幅向上。新バンパー&グリルや、シャープさを増したヘッドランプの効果も手伝って、スポーティなイメージを高めることに成功している。

インテリアでは、シートやドアトリムに、カーボンブラックパターンの生地が採用されたのが、2011年モデルのポイント。赤いステッチも添えられ、エクステリア同様、スポーティさが強調された。

2011年モデルのインプレッサWRXは、31日に開幕するニューヨークモーターショーで正式発表。米国では今夏から、販売がスタートする。STI並みの迫力を得た新WRXが、米国のファンに支持されるのは間違いないだろう。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 米国でスバルが人気上昇---販売競争激化で? 画像 米国でスバルが人気上昇---販売競争激化で?
  • 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】スバル インプレッサ XV 画像 【ジュネーブモーターショー10ライブラリー】スバル インプレッサ XV
  • アストンマーチン、4つのレースプログラム…ヴァンテージGT4 投入 画像 アストンマーチン、4つのレースプログラム…ヴァンテージGT4 投入

特集