自動車盗難、ハイエース が3年連続で1位…日本損保協会

自動車 ビジネス 国内マーケット
ハイエース
  • ハイエース
  • ランドクルーザー 200
日本損害保険協会は19日、2009年11月に保険金を支払った事案(車両盗難619件、車上ねらい2988件)を対象に、自動車盗難事故実態調査を実施、その結果を公表した。

それによると、自動車盗難では、車種別でトヨタ『ハイエース』が98件と2007年度から3年連続でワースト1位を記録。カーナビ盗難件数は、2000年の調査開始から過去最高となる1599件を記録した。

同協会は、ハイエースが盗まれる主な盗難原因として、耐久性、部品の汎用性、解体・組み立ての容易さなどを挙げている。ハイエースには2007年よりイモビライザの装着が可能となっているが、盗難被害にあうのはイモビライザ未装着車。

カーナビでは、盗難品のほとんどは転売目的に盗まれ、インターネットオークションを利用して処分されているという。

自動車盗難件数10位まで
1:トヨタ・ハイエース
2:トヨタ・ランドクルーザー
2:トヨタ・セルシオ
4:スズキ・ワゴンR
4:トヨタ・クラウン
6:トヨタ・マークX
7:ダイハツ・タント
8:三菱ふそうキャンター
9:ホンダ・ステップワゴン
9:スバル・インプレッサ
《佐々木誠》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース