フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生

自動車 ビジネス 企業動向
F430スパイダーを模したジェットコースター
  • F430スパイダーを模したジェットコースター
  • ワールドアブダビ
フェラーリが2010年後半に、中東アブダビにオープンする予定のテーマパーク、「フェラーリワールドアブダビ」。その目玉アトラクションのひとつ、フェラーリ型ジェットコースターの写真が15日、公開された。

フェラーリワールドアブダビは、2009年のF1最終戦、アブダビGPの行われたヤスマリーナサーキットに隣接。フェラーリは、アブダビ国際空港から車で10分のヤス島に、総面積2万平方mという世界最大級の屋内型テーマパークを建設中だ。

建物の中には、子どもから大人まで楽しめる20以上のアトラクションを用意。そのメインのひとつが、「GTレーシングコースター」だ。フェラーリワールドアブダビは今回、その写真を公開。『F430スパイダー』を模した4名乗りのジェットコースターである。

このジェットコースターは、2台が互いに並んで走るコースレイアウト。スタート地点からゴールラインまで、フェラーリ並みの加速性能が楽しめる仕掛けだという。イエローのコースターは、実車のF430スパイダーが忠実に再現されている。

これとは別に、200km/hで走る世界最速のジェットコースター、F1マシンと同じ4.9ものGが体験できるGフォースエクスペリエンス、フェラーリF1と同じレーシングシミュレーターなど、フェラーリらしい趣向が凝らされたアトラクションがそろう。本場のイタリアンレストランやショッピング施設なども併設される。

フェラーリワールドアブダビは、2010年後半にオープン。フェラーリはアブダビ政府と共同で、ヤス島にホテルなどの関連施設を建設しており、間もなく一大フェラーリワールドが完成を迎える。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース