【ホンダ CR-Z 発表】受注台数7500台、20代にもアピール

自動車 ニューモデル 新型車
CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • CR-Z
  • 左からシビックハイブリッド、CR-Z、インサイト
ホンダは業界向けイベントの中で、2月25日に発売した新型ハイブリッド『CR-Z』の受注台数が、3月10日時点で7500台に達したことを明らかにした。月販目標台数は1000台、発売から1か月経たずして約7.5倍の受注を達成した。

CR-Zは、『インサイト』、『シビックハイブリッド』に次ぐホンダのハイブリッド第3弾として投入されたコンパクトハイブリッドクーペ。インサイトのハイブリッドシステムをベースに、エンジンを1.5リットルに拡大し、2ドア・2+2シーターのコンパクトなボディに搭載。ハイブリッドならではの25.0km/リットル(CVT)という燃費性能と、コンパクトスポーツならではの走る楽しさをアピールする。

受注グレードの内訳については、装備を充実した「α」が90%、標準グレードの「β」が10%となったことを明らかにした。また、CR-ZではCVTと、ハイブリッド車として初となる6速MTを設定しているが、CVTが全体の60%、6速MTは同40%と、MTを選ぶ人がCVTにせまる比率であることがわかった。

購入者層は、30代独身が最も多く35%、40代以上の子離れ層が35%だった。いっぽうで、20代独身の購入者が15%を占めており、「クルマ離れ」が叫ばれている若者世代にも訴求力があることがわかった。

CR-Z開発責任者の友部了夫氏はイベント内で「より多くの人にCR-Zの楽しさを味わってほしい。このまま2万台を達成したい」と抱負を語った。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ インサイト が国内累計販売10万台に 画像 ホンダ インサイト が国内累計販売10万台に
  • 【ジュネーブモーターショー10】トヨタオーリスにハイブリッド…システムはプリウスと共通 画像 【ジュネーブモーターショー10】トヨタオーリスにハイブリッド…システムはプリウスと共通
  • 【池原照雄の単眼複眼】えっ、大学生が一番好むのはコンパクトカー 画像 【池原照雄の単眼複眼】えっ、大学生が一番好むのはコンパクトカー

特集