【ジュネーブモーターショー10】ベントレー コンチネンタルSS にコンバーチブル

自動車 ニューモデル モーターショー
コンチネンタルSSコンバーチブル
  • コンチネンタルSSコンバーチブル
  • コンチネンタルSSコンバーチブル
  • コンチネンタルSSコンバーチブル
  • コンチネンタルSSコンバーチブル
  • コンチネンタルSSコンバーチブル
  • コンチネンタルSSコンバーチブル
  • コンチネンタルSSコンバーチブル
  • コンチネンタルSSコンバーチブル
ベントレーは16日、『コンチネンタルスーパースポーツ』に「コンバーチブル」を追加した。0-100km/h加速4.2秒、最高速325km/hという速さを持つ4シーターオープンカーでありながら、E85バイオ燃料に対応している。

コンチネンタルSSコンバーチブルは、3月2日に開幕するジュネーブモーターショーで国際披露。ベントレーは、「2011年モデルのコンチネンタルシリーズは、全車がE85バイオ燃料に対応」とアピールしている。

ベントレーは2008年のジュネーブモーターショーで、環境性能の強化を宣言。2012年までに全車をバイオ燃料対応車とするプランを明らかにした。その先陣を切って、2009年のジュネーブでは、コンチネンタルスーパースポーツ(コンチネンタルSS)がデビューを飾った。

2010年のジュネーブでは、そのオープン版のコンバーチブルを公開。エンジンはクーペ版のコンチネンタルSSと共通で、6.0リットルW12ツインターボは、最大出力630ps/6000rpm、最大トルク81.6kgm/1700 - 5000rpmを発生する。

トランスミッションは、ZF製の6速AT「クイックシフト」。シフトチェンジの時間を50%短縮するとともに、シフトダウン時は6速から4速など、1段飛ばしの変速が可能で、回転を合わせるレブマッチング機能も組み込まれる。駆動方式はフルタイム4WDで、前後トルク配分は40対60が基本。カーボンセラミックブレーキや強化サスペンション、専用ESPも装備された。

コンチネンタルSSコンバーチブルは、0-100km/h加速4.2秒、最高速325km/hの優れた性能をマーク。ベントレーの約90年の歴史において、最強、最速のパフォーマンスを誇るクーペバージョンの3.9秒、329km/hと比較しても、遜色ないパフォーマンスを実現した。ベントレーは、「世界最速の4シーターオープンカー」と胸を張る。

これだけの高性能でありながら、クーペ同様、燃料はガソリンだけでなく、E85バイオ燃料にも対応。E85燃料は、ガソリン85%に植物由来のバイオエタノール15%を混合した燃料を指し、CO2排出量を最大70%低減できるという。

外観はクーペと同じく、ボンネットのツインスクープやバンパーの大型エアインテークが特徴。リアフェンダーは50mm拡幅され、275/35ZR20サイズのピレリPゼロUHP(ウルトラ・ハイ・パフォーマンス)が収まる。グリルやアルミホイール、ヘッドランプやウインドウ回りは、ダークスモークメッキで仕上げられた。

室内はクーペの2シーターに対して、コンバーチブルでは4シーターとなるのが大きな違い。レザー&アルカンターラ内装、軽量なカーボン製スポーツシート、カーボンパネルなどに、ベントレーのクラフトマンシップがふんだんに注入されている。
《森脇稔》
【画像】【ジュネーブモーターショー10】ベントレー コンチネンタルSS にコンバーチブル(10枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース