【東京オートサロン10】かわいい! 世界最小のムルシエラゴ?

自動車 ニューモデル モーターショー
リバティーウォーク・ランボルミーニ
  • リバティーウォーク・ランボルミーニ
  • リバティーウォーク・ランボルミーニ
  • リバティーウォーク・ランボルミーニ
  • リバティーウォークMachGirl
  • リバティーウォークMachGirl
  • リバティーウォークMachGirl
  • リバティーウォーク・ランボルミーニ
ランボルギーニやベントレーなど、外国車のカスタムを手がけるリバティーウォークは、ランボルギーニ『ムルシエラゴ』そっくりの超小型車両『ランボルミーニ』を展示。

とても小さいこの車は、4輪バギー(ATV)のKWバギー『X501』がベース車両となっている。そのため、エンジンは50ccで、乗員は1人。会場でのランボルミーニは女性や子供に大人気で、記念撮影をする来場者が多かった。

この車は2008年9月に開催されたイベント「ドリームカーショウ」に販促用として展示するために生産された。同社のスーパーアドバイザー・杉田氏によると、展示した直後から問い合わせが殺到し、2009年6月から販売を開始したそうだ。

杉田氏は、「我々はエアロパーツを作っている企業なので、その技術を使って遊び半分で作り始めたんです。当時のボディーはアルミニウムだったのですが、現在は量産化のためFRP製になっています」と語る。また、試作段階のころはタイヤとボディが干渉してしまい、ハンドルを大きく曲げることはできなかったそうだ。しかし現在は試行錯誤の結果、18インチタイヤを装着しても問題なくハンドルをきれる。もちろん、公道も走行可能だ。

ランボルミーニの価格は218万円程度と高額だが、生産はオーダーメイドなので完成まで時間がかかる。発売から半年が経ったいまでも、バックオーダーを抱えている状態とのこと。

また、同社のブースには、タツノコプロからの依頼で生産したATV『MachGirl』も展示されていた。杉田氏は、「今後も他社とのコラボレーションを行なっていきたい」と意欲的だ。
《佐藤隆博》
【画像】【東京オートサロン10】かわいい! 世界最小のムルシエラゴ?(7枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース