【BMW グランツーリスモ 発表】走りだしそうな躍動感を

自動車 ニューモデル 新型車
5シリーズグランツーリスモ
  • 5シリーズグランツーリスモ
  • 5シリーズグランツーリスモ
  • 5シリーズグランツーリスモ
  • 5シリーズグランツーリスモ
  • 5シリーズグランツーリスモ
  • 5シリーズグランツーリスモ
  • 5シリーズグランツーリスモ
  • 5シリーズグランツーリスモ
BMW『5シリーズグランツーリスモ』をサイドから見ると、ロングノーズ、ロングホイールベース、後方寄りに配置されたキャビンで構成されている。

BMWマーケティング・デビジョン、プロダクト・マネジメント、田島崇さんはその特徴について、「直立したキドニーグリルがボンネットをさらに長く見せています。そして、ルーフラインは、後方に向かうに従って徐々に低くなりながらリアスポイラーに溶け込んで、クーペ特有の外観を与えています」と説明する。

「伸びやかに下降するルーフラインを、BMW特有のホフマイスター・キンク(Cピラーとサイドウィンドウの境界線にあるデザインアイコンで、フロントに向かって折り返している部分)によりきりりと引き締めています」

「そしてボディサイドの、BMW特有のキャラクターラインは、ヘッドライトの外側から始まって、わずかに上昇しながらボディ側面を一直線に貫き、そのままリアコンビの方へ溶け込んでいます。これが、エレガントさの中に、今にも走りだしそうな躍動感を表しているのです」

それらに加え、BMW4ドアでは初の試みとしてフレームレス・ウィンドウを全てのドアに採用した。「エレガントで伸びやかなシルエットを引き立てているのです」。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集