【日産 フーガ 新型発表】アドヴィックス、制御ブレーキモジュレータを初納入

自動車 ニューモデル 新型車
フーガ新型
  • フーガ新型
  • フーガ新型
  • フーガ新型
アイシングループのアドヴィックス(川田武司社長、愛知県刈谷市)は19日、日産自動車の新型『フーガ』向けに制御ブレーキモジュレータの納入を始めたと発表した。

同社は日産にキャリパなどのブレーキ製品を納めてきたが、制御ブレーキモジュレータの納入は初めてとなる。ブレーキ制御は緊急時の安全性確保だけでなく、高級車を中心に通常走行時の利便性向上、車両安定性向上のための技術としてもニーズが高まっている。

フーガに採用されたモジュレータは、コーナリング時の滑らかな四輪制御による安定性向上させたほか、ブレーキ効き感の向上にも貢献した。またカーナビとの協調・連携を可能にし、優れた車両運動性能と高い予防安全性を実現した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • アイシン精機、ブレーキ生産の一部をアドヴィックスに譲渡 画像 アイシン精機、ブレーキ生産の一部をアドヴィックスに譲渡
  • 【トヨタ iQ 発表】アドヴィックスのESCモジュレーターを採用 画像 【トヨタ iQ 発表】アドヴィックスのESCモジュレーターを採用
  • 日産 フーガ など1万2000台、プロペラシャフト破損で走行不能になるおそれ リコール 画像 日産 フーガ など1万2000台、プロペラシャフト破損で走行不能になるおそれ リコール
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース