【ホンダ ステップワゴン 新型発表】機能発のインテリア

自動車 ニューモデル 新型車
ステップワゴン新型開発スケッチ
  • ステップワゴン新型開発スケッチ
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
  • ステップワゴン新型
新型ホンダ『ステップワゴン』のインテリアデザインは先代とは開発の方向性を変えたという。

本田技術研究所四輪開発センターデザイン開発室第1ブロック1スタジオ主任研究員、秋丸立也さんは、「先代のインテリアは居心地の良いリビングというテーマでやっていましたが、新型は機能発です」という。つまり機能が形として見えるようにしたのだという。

「お客様に長く使っていただきたいということで、“フレンドリーマックス”というテーマ(エクステリアも同様)で進めました。そのテーマを基に、モノがいっぱい置けそうだとか、乗った瞬間広そうだとか、色々な使い方が想像できそうといった、機能発で考えているのです。これがスタートです」

そして具体的には「サードシート床下格納なども、格納した時にいかに美しく収納できるか、また、実際に座った時の座り心地をいかに両立させるか、折りたたみ操作をいかに簡単に楽にできるかを重視しているのです」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース