高速道路1000円、年始5日連続実施へ

自動車 社会 行政
馬淵澄夫副大臣
  • 馬淵澄夫副大臣
国土交通省道路局は、年末年始の高速道路の利便増進計画について、12月最後の週末は実施せず、年始1月1日から5日までの5日間連続で実施する方針を、対象となる高速道路会社と高速道路機構に伝えた。

これを受けて、NEXCO系各社と本四高速、高速道路機構が、利用者にパブリックコメントを求める。

上限1000円割引は土日と休日に乗用車を対象に実施される。現行の計画では年末は12月26日と27日の土日、年始は1日から3日の金曜から日曜となる。この年末分の2日間を、新年の4日と5日に移し替えて、連続5日間の上限1000円割引とする方針だ。

その理由を馬淵澄夫副大臣は「厳しい経済状況下で、懸念すべきは年末物流の渋滞による停滞を回避すること」と強調。物流関連の稼働率が高い年末に、格安割引でさらに渋滞を悪化させること避けた。

その上で「乗用車の交通量は年始2、3日に集中するので、年始の乗用車の渋滞ピークを分散させるためにも新たな日程を組んだ」と説明した。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集