【東京モーターショー09】日産 ランドグライダー は走行シーンに注目

自動車 ニューモデル モーターショー
ランドグライダー
  • ランドグライダー
  • ランドグライダー
  • ランドグライダー
  • ランドグライダー
  • ランドグライダー
  • ランドグライダー、走行シーン。車体の傾きやフェンダーの移動に注目
  • ランドグライダー、走行シーン。車体の傾きやフェンダーの移動に注目
  • ランドグライダー、走行シーン。車体の傾きやフェンダーの移動に注目
日産自動車は第41回東京モーターショーにゼロエミッション車が実現する都市型モビリティへの新提案として『ランドグライダー』を出品する。

「日産自動車が力を入れているゼロエミッションモビリティに新たな価値を提供できないかというのがスタートです」とは商品企画本部先行開発企画室、林隆介さん。

このモデルは「全長3m少々、幅1mちょっとという大変変わったプロポーションのクルマです」。

「日産自動車として、都市内での移動者に対してゼロエミッション、EVで何かできないかと考えました。そこで、都市内で使い勝手をよくしていくひとつの方向性として、幅を狭くすることで利便性や機動性を向上できると考えたのです」とこのプロポーションの理由を語った。

またランドグライダーは走行時の姿にも特徴がある。「幅が狭く相対的に車高があることから、曲がるときバランスをとるために、傾いて走ります。傾くということで、今までのクルマの2元的な走りに対して、上下の動きも加わってくるので3次元的な全く新しい走りの感覚を提供します。運転者がより楽しい、わくわくするようなクルマに仕上がっているのです」。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集