羽田空港ロビー天井にLEDで映像

自動車 ビジネス 企業動向
Digital Public Art in Haneda Airport「空気の港」- テクノロジー×空気で感じる新しい世界 -
  • Digital Public Art in Haneda Airport「空気の港」- テクノロジー×空気で感じる新しい世界 -
  • メタルコアPCBに実装された1W高輝度Moonstone StarIIモジュール
アバゴ・テクノロジーは10月9日、東京、羽田空港に展示されるデジタルパブリックアートに、メタルコアPCBに実装された高輝度LED(発光ダイオード)を無償提供したと発表した。

同日から始まった展示は、LEDを用いて空港ロビーの天井に星空の様子を映し出すもので、飛行機の離陸にタイミングを合わせて目的地に向かって飛び立つ飛行機のシルエットをLEDで描くなど、デジタル技術と空間芸術を融合させた大規模な芸術作品だ。

羽田空港全域で展覧会「Digital Public Art in Haneda Airport『空気の港』- テクノロジー×空気で感じる新しい世界 -」が開催されており、展示はその一部。さらに展示会「Digital Public Art…」は、「デジタルパブリックアートを創出する技術」(DPA)プロジェクトが開催する。

空港第一ビル出発ターミナル2階の天井に約3000個の高輝度LEDを設置し、それらを高速に制御することで、星空や飛行機など映像を映し出しす。DPAプロジェクトが研究する「粒子型ディスプレイ技術」を活用、まばらに設置したLEDでも視覚の残像によって、高精細な情報を提示する。展示は11月3日まで。
《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース