【東京モーターショー09】ホンダは「ないものをつくれ!」で「HELLO!」

「ないものをつくれ!」が東京モーターショーのホンダのテーマである。このテーマをもとに「HELLO!」コンセプトを提案する。Honda Electric mobility Loopの略で、低炭素化社会、循環型社会の実現を目指し、ホンダ総力で提案するモビリティの未来ビジョンである。

自動車 ニューモデル モーターショー
HELLO!
  • HELLO!
  • HELLO!
  • HELLO!
  • HELLO!
  • HELLO!
  • Communication Loopスマートキー
  • Communication Loopスマートキー
  • EV Cub
「ないものをつくれ!」が東京モーターショーのホンダのテーマである。このテーマをもとに「HELLO!」コンセプトを提案する。Honda Electric mobility Loopの略で、低炭素化社会、循環型社会の実現を目指し、ホンダ総力で提案するモビリティの未来ビジョンである。

「世の中には様々なモビリティがあります。そしてこれらをつなぐ2つのループを考えています」というのは本田技術研究所、四輪R&Dセンターデザイン開発室・アドバンススタジオ、東京モーターショープロジェクト・ALPL澤井大輔さん。

ひとつ目は、Solar Powered Energy Loop。「太陽発電で作られた電気で、電動化されたモビリティを走らせるためのエネルギーとして使うものです。あるいは、『FCX』燃料電池電気自動車を走らせるエネルギーを、太陽電池式の水素ステーションで作る。こういった出来る限りクリーンなエネルギーを使って循環型で電気をつくるところからホンダは作っていきましょうというものです」。

ふたつ目はCommunication Loop。「人とモビリティをつなげる、あるいはモビリティ同士の双方向通信やコミュニケーションにより、より安全で便利な、人に近い乗り物としてモビリティをつくっていきたいと考えています。今回はLoopという未来型のコミュニケーションツール、スマートキーのコンセプトの提案です」。

そして、モーターショーにはこれらを踏まえて「人々の生活圏で活躍する身近なモビリティということで、都市や街で活躍するEVを提案します」とし、『EV Cub』、『EV-N』、『EV-MONPAL』、『U3-X』で、2輪・4輪・汎用・基礎技術研究のモビリティ提案を行うとした。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集