ランボルギーニ レヴェントンロードスター…7億分の1の確率

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ レヴェントンロードスター…7億分の1の確率
  • ランボルギーニ レヴェントンロードスター…7億分の1の確率
  • ランボルギーニ レヴェントンロードスター…7億分の1の確率
  • ランボルギーニ レヴェントンロードスター…7億分の1の確率
  • ランボルギーニ レヴェントンロードスター…7億分の1の確率
  • ランボルギーニ レヴェントンロードスター…7億分の1の確率
ランボルギーニは15日、フランクフルトモーターショーで『レヴェントン』のオープン仕様、「レヴェントン・ロードスター」を発表した。動画共有サイトでは、そのPRビデオが公開されている。

ランボルギーニは2007年、レヴェントンを限定20台発売。100万ユーロ(当時の為替レートで約1億6000万円)の価格にもかかわらず、20台は即完売した。今回のレヴェントンロードスターは、そのオープンバージョンに当たる。

最新の戦闘機にインスピレーションを得たCFC(複合カーボンファイバー)製ボディは健在で、エッジの効いたフォルムは比類なき迫力を演出。インテリアには、カーボンやアルカンターラ、アルミがふんだんに使用され、レヴェントンワールドを表現する。

ミッドシップには『ムルシエラゴ』のトップグレード、「LP670-4SV」(スーパーヴェローチェ)と同じ6.5リットルV12エンジンを新搭載。最大出力は670ps/8000rpm、最大トルクは67.3kgm/6000rpmと、2年前のレヴェントンよりも20psのパワーアップを果たした。

オープン化に際して、ボディの補強は行われたが、車重はクーペの25kg増の1690kgに抑えられた。トランスミッションは、3モードを備えるパドルシフト付き6速2ペダルMTの「eギア」。フルタイム4WDとの組み合わせにより、0-100km/加速3.4秒、最高速330km/hというオープンボディのハンデを感じさせない驚異的な動力性能を発揮する。クーペボディのレヴェントンと比較すると、0-100km/h加速は同タイム、最高速は10km/h低いだけである。

ブレーキはCCB(カーボンセラミックブレーキ)が標準で、キャリパーは6ピストン、ローター径は380mmと大径。タイヤは前が245/35ZR18、後ろが335/30ZR18サイズで、Yスポークが個性的な軽量アルミホイールを装着する。サスペンションはダブルウィッシュボーンで、フロントには段差を超える際に備えて、40mm車高をリフトできる機能が付く。

レヴェントンロードスターは20台の限定生産。価格は110万ユーロ(約1億4600万円)で、10月から販売がスタートする。その希少性をPRした映像は、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集