後席シートベルトなど、秋の交通安キャンペーン 自工会

エコカー 燃費

日本自動車工業会は、9月21日から10月20日までの間、政府の実施する秋の全国交通安全運動と連動し、「自工会・2009年秋季交通安全キャンペーン」を実施する。

自工会は、政府の2012年までに交通事故死者数を5000人以下とする目標や更に今後10年間を目途に、交通事故死者数を2500人以下とするという新たな政府目標を踏まえ、車両安全装備の拡充など車両安全対策や、広報・啓発活動など幅広い交通安全活動に積極的に取り組んでいる。秋季交通安全キャンペーンは、春季に引き続き、こうした交通安全活動の一環として実施し、安全で快適な交通社会の実現を目指す。

キャンペーンでは、前席に比べて着用率の低い、四輪車の後席のシートベルトの着用促進を図る。高齢者の歩行中・自転車乗車中の死者数を減らすため、薄暮時の安全運転を呼び掛けるとともに、具体的な運転行動である夕方早めのヘッドライト点灯を促進する。

また、二輪は乗車中死者のヘルメット脱落率が高いことから、その原因である顎紐の不締結、緩めの締結を防ぎ、ヘルメットの正しい着用を訴求する。ドライバー、ライダーへ車道を走る自転車への注意喚起を行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集