【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
  • 【フランクフルトモーターショー09】ランボルギーニ レヴェントンロードスター…圧倒的存在感!!
ランボルギーニは15日、『レヴェントン』のオープン仕様、『レヴェントンロードスター』を初公開した。0-100km/加速3.4秒、最高速330km/h、世界限定20台、価格は110万ユーロ(約1億4600万円)。そのすべてが、圧倒的オーラを放つスーパーカーだ。

レヴェントンは、2007年に限定20台を発売。今回のレヴェントンロードスターは、そのオープンバージョンだ。最新の戦闘機にインスピレーションを得たCFC(複合カーボンファイバー)製ボディは健在で、エッジの効いた迫力のフォルムが目を見張る。

ミッドシップには『ムルシエラゴ』のトップグレード、「LP670-4SV」(スーパーヴェローチェ)と同じ6.5リットルV12エンジンを新搭載。最大出力は670ps/8000rpm、最大トルクは67.3kgm/6000rpmと、2年前のレヴェントンよりも20psのパワーアップを達成した。

オープン化に当たり、ボディの補強は行われたが、車重はクーペの25kg増の1690kgに抑えられた。その結果、0-100km/加速3.4秒、最高速330km/hというオープンボディでありながら、驚異的な動力性能を発揮。クーペボディのレヴェントンと比較すると、0-100km/h加速は同タイム、最高速は10km/h低いだけである。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集