【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
  • 【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
  • 【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
  • 【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
  • 【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
  • 【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
  • 【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
  • 【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
  • 【フランクフルトモーターショー09】ルノー Zoe 斬新なアプローチの小型EV
ルノーは15日、『Zoe Z.E.コンセプト』を発表した。Z.E.とはゼロエミッションの略。スタイリッシュなクーペボディのEVで、セカンドカー需要を満たすEVを提案する。

ルノーが今回のフランクフルトで発表した『フルエンス Z.E.コンセプト』は、ファミリー向け4ドアセダンのEV。一方、Zoe Z.E.コンセプトは、通勤や通学、買い物などの利用を前提に開発した街乗りEVで、セカンドカーとしての需要を狙っている。

パワートレインは、フルエンス Z.E.コンセプトと共通。モーターはフロントアクスル近くに配置され、最大出力95ps、最大トルク23kgmを発生する。2次電池はリチウムイオンバッテリーで、リアにレイアウト。最大160kmをゼロエミッション走行できる。最高速は140km/hと実用性にも不足はない。

充電は3種類の方法を用意。「スタンダード」は家庭用のコンセントから行うもので、充電時間は4‐8時間。充電ステーションなどで実施する「クイックチャージ」は、約20分。ルノー日産連合が主体となって開発した「クイックドロップ」システムは、約3分での急速充電が可能だ。

Zoe Z.E.コンセプトは、大人4名が乗車できる室内空間を斬新なフォルムでまとう。ボディは2ドアクーペのように見えるが、後部にもドアを備えており、ルーフ部分をヒンジにして上方へ開く。これは後席へのアクセス性を高めるためのアイデアだ。

ルーフにはソーラーパネルを装備し、ここで得られた電力をエアコンなどに利用。ヘッドライトやテールランプにはLEDを使用し、リアには90km/hでせり出すスポイラーを装備した。ボディ両サイドのエアインテークは、バッテリー冷却のためのアイテムだ。

ボディサイズは全長4100×全幅1840×全高1516mm、ホイールベース2605mm。『メガーヌ』の5ドアハッチバック(全長4295×全幅1808×全高1471mm、ホイールベース2641mm)と比較すると、Zoe Z.E.コンセプトの短くワイドなプロポーションが際立つ。

室内も斬新なアプローチにあふれる。シートの座面は石をモチーフにしており、前席シートバックは天井につながっている。インパネ最上段のモニターには、ナビゲーションや最寄りの充電ステーション、最新交通情報、バッテリーやモーターなどの状態を表示。その下のダッシュボードには透過式のスイッチを配置した。

Zoe Z.E.コンセプトの考え方は市販車に生かされ、2011年に市場投入予定。ルノーのカルロス・ゴーン会長兼CEOは「2020年にEVは世界の新車販売の10%を占める」との見通しを明らかにしており、日産ルノー連合のEV開発は、さらに加速度を増しそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集