GM、60日以内なら全額返金可能

自動車 ビジネス 企業動向

GMはアメリカ国内において、9月14日から11月末までに新車を購入した顧客に対し、購入から60日以内なら代金の全額を返金する「60デイズ・サティスファクション・ギャランティー」制度を開始した。

この制度は大型マーケティングキャンペーン、「メイ・ザ・ベスト・カー・ウィン」の一環。2009または2010年モデルの「シボレー」「ビュイック」「GMC」「キャデラック」の新車を購入した顧客が、商品を気に入らなかった場合、走行距離が4000マイル(約6440km)以内なら、購入から31 - 60日の間に限って返品を認めるという内容だ。新車購入代金は、全額を返金。その費用はいったんディーラーが立て替え、GMが精算する。

8月の米国新車販売は、7月24日から8月24日まで実施されたスクラップインセンティブの効果によって、126万1977台をセールス。前年同月比は1%増と2007年10月以来、1年10か月ぶりのプラスに転じた。しかし、メーカー別で首位のGM(サーブを除く)は24万5066台で、前年同月比は19.9%減と回復の波に乗り遅れている。

GMのボブ・ラッツ副会長は「デザインや燃費、保証、安全性などを考慮すれば、GM車は最高の選択肢となり得る」と、アピールに懸命だ。

今回のGMの返金保証制度は、いわば窮余の策。しかし、制度を不正利用する顧客はいないのか、また返品によって大量の中古車が発生した場合の対応など、問題点は多い。果たして、成功するだろうか……。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集