岩谷産業、ホンダの燃料電池車 FCXクラリティ を導入

自動車 ビジネス 企業動向

岩谷産業に3日、ホンダの新型燃料電池車『FCXクラリティ』が納車された。従来リース購入していた燃料電池車『FCX』が更新時期を迎えたことによる。

FCXクラリティは、従来と比べ飛躍的な軽量・コンパクト化と高出力を実現した新開発の「V Flow FCスタック」を搭載し、走行エネルギー効率では60%以上を達成、燃費では従来比約20%、航続距離は約30%向上した。

FCXクラリティは、2008年11月に国内でのリース販売を開始し、既に内閣府、環境省、帝都自動車交通に納車されており、岩谷産業への納車はそれらに続く。岩谷産業はFCXクラリティを、水素インフラ整備に向けた情報発信や正しい知識の普及活動、次代を担う子どもたちへの啓発活動などに有効利用していく。
《高木啓》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集