【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円

自動車 ニューモデル 新型車

【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
  • 【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
  • 【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
  • 【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
  • 【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
  • 【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
  • 【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
  • 【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
  • 【Sクラス ハイブリッド 日本発表】輸入車初のハイブリッドカーは1405万円
メルセデスベンツ日本は、メルセデスベンツの最高級セダン『Sクラス』に輸入車初のハイブリッドモデル「Sクラスハイブリッドロング」を追加し、9月3日から販売を開始した。

Sクラスハイブリッドロングは、ガソリンエンジンを搭載したラグジュアリーセダンとしては世界最高レベルの燃費効率と最小レベルのCO2排出量を実現した。

ベースとなる3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンは、専用に熱効率を改善する大幅な改良を施した。このガソリンエンジンと組み合わされる新開発ハイブリッドモジュールは、エンジンとトランスミッションの間に組み込まれた薄型の電気モーターと、量産ハイブリッド車初のリチウムイオンバッテリーなど、徹底した小型軽量設計により重量増を75kgに抑えた。

リチウムイオンバッテリーは、従来のカーバッテリーと同様、エンジンルーム内に設置されるため、これまでハイブリッドカーの欠点とされていたトランクスペースは、通常のガソリンモデルと同じ容量を確保する。

最大160Nmのトルクを発生する小型電気モーターは、発進時や加速時などトルクを必要とする際に「ブースト機能」としてガソリンエンジンをサポートしエンジンの負荷を減らす一方、減速時にはジェネレーターとして運動エネルギーを回収しバッテリーを充電する「回生ブレーキ」として機能する。さらに、減速して時速15kmを下回るとエンジンが停止し、アイドリングストップ状態となる「ECOスタートストップ機能」によって燃料消費量を低減する。 燃費(10・15モード)は11.2km/リットルで、S350と比べ約30%向上した。

バッテリーの充電状態やモーターのアシスト状態は、エナジーフローディスプレイとしてメーターパネル内のマルチファンクションディスプレイにリアルタイムに表示される。

価格は1405万円で、ガソリン仕様の「S350」と比べて355万円高となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集