日野、トラック2車種が2015年度燃費基準達成車に設定

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車は、大型トラック『プロフィア』、中型トラック『レンジャー』を2015年度燃費基準達成車と設定し、9月2日から販売を開始した。

今回、大型トラックのプロフィアシリーズに軽量・低燃費エンジン「A09C」搭載の建設向け車両としてダンプ、ミキサーの2車型を追加設定。

また、中型トラックのレンジャーシリーズは、ショートキャブの「FC」に価格を抑えた特別仕様車「リミテッド」を19車型で設定した。

プロフィア、レンジャーは、重量車の燃費基準が制定された2006年より同基準達成車を設定し順次追加してきたが、より多くの顧客に低燃費車の選択肢を拡大するため、今回対象車を拡大した。

2015年度燃費基準達成車は、低排出ガス重量車にも認定されているため、エコカー減税により自動車取得税、自動車重量税の特例措置の対象となり新車購入時の税額が軽減されるとともに補助金の対象となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集