【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 試乗】セダンより軽快…松下宏

試乗記 国産車
【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 試乗】セダンより軽快…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 試乗】セダンより軽快…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 試乗】セダンより軽快…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 試乗】セダンより軽快…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 試乗】セダンより軽快…松下宏
  • 【メルセデスベンツ Eクラスクーペ 試乗】セダンより軽快…松下宏
『Eクラスクーペ』の名前は3世代前の「W124」型以来だが、実質的には『CLK』の後継モデルともいえる存在。ホイールベースは現行『Cクラス』と同じだからCクラスのプラットフォームの上にEクラス風の外観やパワートレイン、安全装備などを載せたモデルと考えたらいい。

ヘッドランプ回りなどはいかにもEクラス風のデザインで、グリル内にスリーポインテッドスターを配置した『SL』風のデザインはEクラスではクーペだけの設定だ。Bピラーのないサイドビューはメルセデスベンツの伝統ともいえる。

「E350クーペ」を走らせてすぐに感じたのは軽快感だった。ボディの重さは「E350セダン」と大した違いはないので、感じた軽快感は加速感などよりもフットワークの良さなどが印象的だった。さらに手頃なサイズのボディや少し短いホイールベースなどによる取り回しの良さなども含めてのものといえる。

「E550クーペ」になると、走りの印象は軽快感から豪快感に変わる。余裕の動力性能によって極めて力強い加速を見せるからだ。タイヤは17インチから18インチへと1サイズ大きくなるが、電子制御AIRマティックサスペンションの採用で、乗り心地などはむしろ良くなっている。

Cクラスに由来するクーペ故か、シフトレバーはステアリングコラムではなくセンターコンソールに設けられていて、これを操作しての積極的な運転も可能。ステアリングの裏側にはパドルも付いているので、パドル操作で変速しても良い。いずれにしても「7Gトロニック」の変速フィールの滑らかさは定評があるもので、積極的なマニュアル操作にもしっかり応えてくれる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

編集部おすすめのニュース

特集