【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に

自動車 ビジネス 企業動向
【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
  • 【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
  • 【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
  • 【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
  • 【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
  • 【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
  • 【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
  • 【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
  • 【レクサス HS250h 発表】受注台数が1か月で1万台、計画の20倍に
トヨタ自動車は18日、レクサスの新型ハイブリッド専用車『HS250h』の受注台数が、7月14日の発売から約1か月で1万台となったことを明らかにした。当初の月販目標台数は500台で、計画の20倍に相当する。

HS250hは、7月14日の発売時点で既に月販目標台数の6倍となる3000台を受注、8月6日に同17倍となる8600台に達したことが発表されたばかり。

トヨタは、累計1万台の受注のうち約3割が、輸入車や国産他メーカーなど他社からの乗り換えによるもので、これによりレクサスの新たなユーザー層拡大に貢献している、としている。

同社は、ハイブリッド専用車『プリウス』の生産が現在追いつかず、8月7日以降の受注分については納期が2010年4月以降になるため、エコカー補助金(25万円)の対象外となることをウェブサイトなどで発表している。HS250hについても、電池ユニットなどの生産能力の限界から、3月末までの登録に間に合わない可能性が指摘されている。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

  • 【レクサス HS250h 発表】累計受注が8600台に、月販計画の17倍 画像 【レクサス HS250h 発表】累計受注が8600台に、月販計画の17倍
  • 【レクサス HS250h 発表】写真蔵…高級コンパクトハイブリッド 画像 【レクサス HS250h 発表】写真蔵…高級コンパクトハイブリッド
  • 新車ランキング、プリウスが2冠、軽自動車人気は下降…7月 画像 新車ランキング、プリウスが2冠、軽自動車人気は下降…7月
  • 納期だけで見るならレクサスか? HS250h vs プリウス 画像 納期だけで見るならレクサスか? HS250h vs プリウス

特集