ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売

自動車 ニューモデル 新型車
ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売
  • ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売
  • ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売
  • ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売
  • ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売
  • ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売
  • ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売
  • ハイブリッド車の存在を電子音で知らせる…データシステムが装置発売
自動車アフターパーツを製作・販売するデータシステムは、ハイブリッド車などのモーター走行時にエンジンルームに取付けたスピーカーから電子音を発生させ、歩行者に存在を認知させる装置『セーフティアシストシステム SAS286』を8月5日より発売する。

ハイブリッド車は、従来のエンジン車と異なりモーター走行時にはほとんど音を立てずに走行するため、歩行者に気づかれにくいなど安全性の問題が取り上げられている。

セーフティアシストシステムは、手元のスイッチを押す事でエンジンルームに設置したスピーカーから電子音を発することができる。歩行者に存在をアピールすることでより安全に走行することができるとしている。

16種類の音色バリエーションがあり、リバースに連動した「バック音機能」や、夜間使用時に音量を自動的に半減させる「夜間減音機能」なども搭載する。価格は1万2800円。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集