アウディジャパン、カーボンオフセット対象モデルを拡大

エコカー 燃費
アウディジャパン、カーボンオフセット対象モデルを拡大
  • アウディジャパン、カーボンオフセット対象モデルを拡大
アウディジャパンは、カーボンオフセットプログラムの対象モデルとして新たに新型アウディ『Q5』などを加え、合計18モデルを対象に1台あたり排出枠1tのカーボンオフセットプログラムを無償で付帯すると発表した。

同社は、環境保護の試みとして2008年7月に輸入車業界で初めて、カーボンオフセットプログラムをアウディ『A6』に導入、これまでに6000t以上のカーボンオフセットを実施した。

今回、5月21日に発表したアウディQ5をはじめ、5月以降に新規登録されたアウディ『A5』/『S5』、『TT』/『TTS』、『Q7』などを対象に加える。

カーボンオフセットは、CO2排出量相当金額を支払い、植林事業や自然エネルギー利用といったCO2排出削減活動に間接的に貢献することでCO2排出分を相殺するもの。

同社のプログラムでは、ユーザーが年間1万km走行するると仮定した場合の半年分の排出量に相当する排出枠1tを、ユーザーに代わって同社がその費用を負担し、無償で付帯する。

顧客には後日、カーボンオフセット証明書と、カーボンオフセットプログラムに参加していることを表す専用ステッカーが届けられる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【アウディ Q5 日本発表】新車購入補助の対象19車種のひとつ 画像 【アウディ Q5 日本発表】新車購入補助の対象19車種のひとつ
  • アウディが50万円引き!…エコサポートキャンペーン 画像 アウディが50万円引き!…エコサポートキャンペーン
  • オリコ、カーボンオフセット付 太陽光発電専用ローンを取扱い開始 画像 オリコ、カーボンオフセット付 太陽光発電専用ローンを取扱い開始
  • 三菱マテリアルなど、車道用光触媒舗装工法を開発…大気汚染に効果 画像 三菱マテリアルなど、車道用光触媒舗装工法を開発…大気汚染に効果

特集

おすすめのニュース