【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久

試乗記 国産車
【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久
  • 【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久
  • 【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久
  • 【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久
  • 【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久
  • 【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久
4座オープンカーにとって最も大切なことはスポーツカーのように飛ばすことではなくて、4人乗ってオープンで走った時にどれだけ楽しさを演出できるかどうかだ。シートと乗り心地が快適で、後席から外がどう見えるかといった視界も大切。  

プジョー『308CC』で最初に驚かされるのが、エンジン。最新の直噴ターボエンジンは、たった1.6リッターしかないのにトルクが十分に発生し、どの回転域からも踏めばすぐに反応する。レスポンスが鋭く、とても扱いやすいが、出しゃばらず、縁の下の力持ちに徹しているところが好ましい。  

10km/hまでなら走行中でも開閉できる電動ハードトップも、オープンエアモータリングの楽しさを1940年代前半から驚異的に実践しているプジョーならではの設計だ。20秒というのは標準的だが、10km/hと0km/hでは次元が違う。贅沢で、大人っぽく味わい深い。  

■5つ星評価 
パッケージング:★★★ 
インテリア/居住性:★★★★ 
パワーソース:★★★★★ 
フットワーク:★★★ 
オススメ度:★★★★  

金子浩久|モータリングライター 
1961年東京生まれ。著書に、『10年10万キロストーリー』、『セナと日本人』、『地球自動車旅行』、『ニッポン・ミニ・ストーリー』、『レクサスのジレンマ』、『力説自動車』(共著)などがある。
《金子浩久》

編集部おすすめのニュース

  • 【VW ゴルフ 試乗】正円に近い大きな丸…金子浩久 画像 【VW ゴルフ 試乗】正円に近い大きな丸…金子浩久
  • 【ホンダ インサイト 試乗】よくできた促成栽培…金子浩久 画像 【ホンダ インサイト 試乗】よくできた促成栽培…金子浩久
  • 【ポルシェ ボクスターS 試乗】ワンランク上級に…金子浩久 画像 【ポルシェ ボクスターS 試乗】ワンランク上級に…金子浩久

特集