アストンマーチン V12ヴァンテージ…ニュル24時間耐久に参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
アストンマーチン V12ヴァンテージ…ニュル24時間耐久に参戦
  • アストンマーチン V12ヴァンテージ…ニュル24時間耐久に参戦
アストンマーチンは4月24日、5月23 - 24日にドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに、『V12ヴァンテージ』で参戦すると発表した。

V12ヴァンテージは、3月のジュネーブモーターショーで発表。アストンマーチン95年の歴史において、最強のパフォーマンスを誇るモデルだ。エンジンは6.0リットルV12(517ps、58.1kgm)。0-100km/h加速4.2秒、最高速305km/hの性能を発揮する。1000台が限定生産され、英国での価格は13万5000ポンド(約1930万円)というスーパーカーだ。

アストンマーチンがニュル24時間に参戦するのは、今年で4回目。これは「ヴァンテージN24/GT4」プログラムの一環として行われるもので、今夏のV12ヴァンテージの市販に向けて、信頼性を確認する最終テストの意味合いを持つ。

それだけに、レースには市販車とほぼ同じ状態で出走する。V12エンジンはノーマルのまま。安全基準に適合させるため、ロールケージや消火器を装着。内装材を省いたことによる軽量化、サーキット用のサスペンションセッティングの見直し、ピレリ製スリックタイヤの装着など、最低限のモディファイを施している。

ドライバーはアストンマーチン社内から抜擢。同社のチーフエグゼクティブ、Dr Ulrich Bez氏をはじめ、技術者数名で構成される。まさにV12ヴァンテージを知り尽くしたメンバーというわけだ。Ulrich Bez氏は「ニュル24時間はV12ヴァンテージの性能を確認する最高の舞台」とコメントしている。

アストンマーチンは、数台のV12ヴァンテージを他の参加チームにも供給する予定。今年のニュル24時間は例年に増して華やかな争いが展開されそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦 画像 レクサス LF-A、ニュル24時間耐久に再び参戦
  • スバル インプレッサ WRX STI…ニュルブルクリンク24時間耐久に参戦 画像 スバル インプレッサ WRX STI…ニュルブルクリンク24時間耐久に参戦
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フェラーリ599XX 画像 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フェラーリ599XX
  • 【F1バーレーンGP】決勝…バトン、今季3勝目 画像 【F1バーレーンGP】決勝…バトン、今季3勝目
  • [動画]ルマン開幕戦、アウディとプジョーの熾烈なバトル 画像 [動画]ルマン開幕戦、アウディとプジョーの熾烈なバトル

特集