F1、2009年エントリーリスト確定

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ブラウンGPの誕生に伴い、2009シーズンのエントリーリストが改訂になった。ブラウンGPはホンダの後を次いでカーナンバー18、19になるものと見られていたが、同チームは新規参入と見なされるためにピットレーンの最後尾となることに。

これに伴いフォース・インディアが2番繰りあがり18、19番、ブラウンGPを20、21番とすることにした。また、フェラーリ、トロロッソがチームのドライバーのナンバーをそれぞれ交換。13番は欠番としている。

●1. ルイス・ハミルトン(イギリス)
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
●2. ヘイキ・コバライネン(フィンランド)
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス
●3. フェリペ・マッサ(ブラジル)
スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
●4. キミ・ライコネン(フィンランド)
スクーデリア・フェラーリ・マールボロ
●5. ロバート・クビサ(ポーランド)
BMWザウバーF1チーム
●6. ニック・ハイドフェルド(ドイツ)
BMWザウバーF1チーム
●7. フェルナンド・アロンソ(スペイン)
INGルノーF1チーム 
●8. ネルソン・ピケ(ブラジル)
INGルノーF1チーム
●9. ヤルノ・トゥルーリ(イタリア)
パナソニック・トヨタ・レーシング 
●10. ティモ・グロック(ドイツ)
パナソニック・トヨタ・レーシング 
●11. セバスチャン・ブルデー(フランス)
スクーデリア・トロロッソ 
●12. セバスチャン・ブエミ(スイス)
スクーデリア・トロロッソ
●14. マーク・ウェバー(オーストラリア)
レッドブル・レーシング 
●15. セバスチャン・ベッテル(ドイツ)
レッドブル・レーシング
●16. ニコ・ロズベルグ(ドイツ)
AT&Tウィリアムズ
●17. 中嶋一貴(日本)
AT&Tウィリアムズ
●18. エイドリアン・スーティル(ドイツ)
フォース・インディアF1チーム
●19. ジャンカルロ・フィジケラ(イタリア)
フォース・インディアF1チーム
●20. ジェンソン・バトン(イギリス)
ブラウンGPフォーミュラ・ワン・チーム 
●21. ルーベンス・バリチェロ(ブラジル)
ブラウンGPフォーミュラ・ワン・チーム
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集