【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
  • 【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
  • 【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
  • 【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
  • 【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
  • 【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
  • 【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
  • 【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
  • 【トヨタスポーツ09】GT500仕様のレクサス SC430…08年型と比較
16日にお台場地区メガウェブで、トヨタの09年モータースポーツ活動および支援計画が発表された。今シーズンのGT500クラスのレクサス(トヨタ)勢は、TEAM TSUCHIYAが撤退し、5チーム体制で挑む。会場にはSUPER GTに参戦する09年型のレクサス『SC430』の38号車(レクサス チーム ゼント セルモ)も展示された。

見た限りだが、08年型との外見上の差異は、まずワイド&ローになった点が挙げられる。全長と全幅はベース車両のものしか公表されていないが、実際にはディメンション的にかなり数値の変化があるはずだ。08年型よりもさらにベース車両の面影が少なくなっている。また、車体全体でフィン(整流板)が減っている点も目立つ。フロントタイヤハウス上の垂直フィンや、リヤスポイラーの側面の2枚の水平フィンがなくなった。おそらく、ワイド化と低重心化で安定感を出せたため、こうしたフィンはあまり必要なくなったものと思われる。

SC430のスペックは以下の通り。

車両型式:UZZ40
全長×全幅(ベース車両):4535mm×1825mm
トレッド(ベース車両):前1550mm/後1530mm
車両重量:100kg以上
トランスミッション:6速シーケンシャル
クラッチ:カーボン製トリプルプレート
サスペンション:前後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:ベンチレーテッドディスク

エンジン型式:RV8KG
種類:水冷V型8気筒DOHC32バルブ
総排気量:3399cc
エアリトリクター径:φ29.1(ツイン)/車両重量1100kg
最大出力:460PS以上
最大トルク:40kg・m以上
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集