【アフターマーケットEXPO 09】電気バスのさらなる進化を目指す…早大

自動車 ニューモデル モーターショー

【アフターマーケットEXPO 09】電気バスのさらなる進化を目指す…早大
  • 【アフターマーケットEXPO 09】電気バスのさらなる進化を目指す…早大
  • 【アフターマーケットEXPO 09】電気バスのさらなる進化を目指す…早大
早稲田大学大学院は「国際オートアフターマーケットEXPO2009」(12 - 14日)に電気バスを出展した。同バスは交通安全環境研究所と昭和飛行機の3者で開発したもので、日本に3台しかない電気バスの1台だ。

このバスの最大の特徴は、従来の電気自動車にはない非接触高速誘導充電装置が採用されていることだ。この装置は、車両と地上設備の間をワイヤーハーネスで接触することなく、非接触の電磁誘導で高速充電を行うもの。

「電気歯ブラシなどに使われている技術を応用しており、漏電の心配は全くありません。それに充電の時に運転手が車から降りる必要もないんです。急速充電が可能で、30分で30%の充電ができます」と同大学の関係者は話す。

しかし、電気バスの性能についてはまだまだ満足のいかない様子で、現在搭載している塩素ニッケルバッテリーをリチウムイオンバッテリーに替える方向で研究が進んでいるそうだ。これによって、走行距離が大幅に伸び、性能が大きく上がると期待している。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集