【ユーロNCAP】VW ゴルフ 新型…最高評価の5つ星

エコカー 燃費

フォルクスワーゲンは16日、新型『ゴルフ』が欧州唯一の公的新車評価基準「ユーロNCAP」における安全性能総合テストで、最高レベルの5つ星を獲得したと発表した。

ユーロNCAPは、2009年2月から新評価システムを導入。評価の割合に応じたポイント配分システムを採用している。たとえば最重要視されている「成人乗員保護性能」にはポイントの50%を配分。「子ども乗員保護性能」と「歩行者保護性能」には各20%、エアバッグやABS、ESPなどの「安全補助装置の有無」には10%を配分する。最高評価の5つ星を獲得するためには、総合評価が70ポイント以上必要とされる。

新型ゴルフは7エアバッグをはじめ、ESPなどを全車に標準装備。さらに、追突時に乗員のむち打ち傷害を軽減するヘッドレスト、「WOKS」(ウィップラッシュ・オプティマイズド・ヘッド・レストレイント)を採用。これらの安全装備や強固なボディ構造が、ユーロNCAPの最高評価、5つ星をもたらした。

ユーロNCAPは、現時点で詳しいテスト結果を公表していないが、フォルクスワーゲンは「新テスト方式の下でテストを行った車両の中で、ゴルフが最も優秀な結果だった」と説明。ということは、すでに5つ星を獲得しているトヨタ『iQ』『アベンシス』、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)、三菱『ランサースポーツバック』(日本名:『ギャランフォルティススポーツバック』)をゴルフは総合評価ポイントで上回ったことになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集