マツダ CX-7 ディーゼルに尿素SCRシステムを搭載…欧州で今秋発売

エコカー 燃費

マツダ CX-7 ディーゼルに尿素SCRシステムを搭載…欧州で今秋発売
  • マツダ CX-7 ディーゼルに尿素SCRシステムを搭載…欧州で今秋発売
マツダは、日本メーカーとして初めて乗用車用に小型化した尿素SCRシステムの開発に成功、2009年後半から欧州市場で発売予定の『CX-7』ディーゼルエンジン車に搭載すると発表した。

今回マツダが開発した尿素SCRシステムを搭載するCX-7のマイナーチェンジモデルでは、新開発のMZR-CD2.2リットルターボディーゼルと組み合わせることで、エンジンから排出されるNOxの量を削減し、後処理工程の負担を減らすことで、NOxを処理するための尿素水の使用量を減らすことを可能にした。これにより尿素水タンクの容量をはじめシステム全体のサイズを小型化でき、スペースの少ない乗用4WD車にも搭載することに成功したとしている。

尿素SCRシステムはNOxの処理のために燃料(軽油)を使用せず、代わりに尿素水を排ガス中に噴射し化学反応によってNOxを浄化する仕組みで、燃費や出力の悪化を抑えながら排出ガス低減が図れる。しかし、尿素水を貯めるタンクや専用の装置が追加されるため、これまではスペースに余裕のあるトラックやバスなどの大型車での採用が主流だった。

尿素SCRシステムを搭載したCX-7は、欧州のエミッション規制であるEURO5に適合する環境性能を達成している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集