【横浜ボートショー09】60馬力…船外機のトレンド

自動車 ニューモデル モーターショー

【横浜ボートショー09】60馬力…船外機のトレンド
  • 【横浜ボートショー09】60馬力…船外機のトレンド
  • 【横浜ボートショー09】60馬力…船外機のトレンド
  • 【横浜ボートショー09】60馬力…船外機のトレンド
  • 【横浜ボートショー09】60馬力…船外機のトレンド
  • 【横浜ボートショー09】60馬力…船外機のトレンド
  • 【横浜ボートショー09】60馬力…船外機のトレンド
「ジャパンインターナショナルボートショー2009イン横浜」(3月12 - 15日、パシフィコ横浜)では、ホンダやスズキのブースで60馬力船外機のプロトタイプを参考出品していた。

60馬力船外機を新たにラインナップに加える背景として、現在も多く使用されている40 - 55馬力の船外機の買い替えユーザーが増加していることがあげられる。

本イベントで最も大きなブースを構えていたヤマハ発動機は、20馬力から世界最大の350馬力までの4ストローク船外機を展示。60馬力タイプをすでに商品化し販売ている同社は「60馬力は代替えユーザーが多い。入門艇といわれる20フィートのユーザーが新艇を購入する場合、今まで使用していた小さな2ストロークエンジンから4ストローク60馬力エンジンに買い換えているようだ」と話す。

このクラスのボートユーザーは、漁業などの業者と、レジャー使用の一般ユーザーで占められ、スズキによるとその割合は「業者が6割、一般が4割」という。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集