【ホンダ インサイト 試乗】価格や燃費以外でも好感…西川淳

試乗記 国産車

ハイブリッドのネームバリューと、価格や燃費といった経済性という、『インサイト』における二大長所を一旦脇においても、好感をもてる箇所が2つあった。

それは、腰で乗れる感覚としっかりとしたステアリングフィールだ。ひょっとすると、多くの人にとってのデイリーユースを考えれば、もっとアップライトに座れて、パワーアシストも軽々としていた方が、喜ばれるかも知れない。

けれども、そこがホンダらしさなのだと思う。あえて固いエコタイヤを使わず、「走り重視」で『フィット』と同じタイヤを使ったあたりにも、「ホンダの走り」への強い意志が垣間見えて、運転好きには心地いい。

インテリアの質感や、スタイリング全体の雰囲気、リアドラムブレーキなど、いろいろケチを付けたいところもある。それはそうだけれども、価格設定も含めて、今、試乗待ちの行列ができるほどの客をディーラーに誘導する商品を作り上げた開発陣に、まずは拍手を送りたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

西川淳|自動車ライター
昭和40年生まれ、奈良県出身。スーパーカーをこよなく愛し、イタリア車に大いにはまりながらも、高性能ドイツ車を尊敬してやまず、新旧日本車もカワイクて仕方がない。三国同盟的浪花節クルマおたく。
《西川淳》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集