【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ

自動車 ニューモデル 新型車
【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
  • 【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
  • 【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
  • 【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
  • 【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
  • 【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
  • 【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
  • 【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
  • 【D視点】ロータスカーズの夢を託した…エヴォーラ
1
ドライブフィールが成功の鍵

ロータスカーズの日本総代理店エルシーアイが、オールニューの新型スポーツカー『エヴォーラ』を発表した。ボディサイズは全長4344mm、全幅1848mm、全高1219mm、そして3.5リットルV6・DOHCエンジンは280馬力で6速MTが組み合わされている。

『エリーゼ』のデザインを踏襲しながら、硬質かつ簡潔にまとめられたルックスは、他車では得られない上品な魅力を発散している。また、ロータスカーズにしてはラグジュアリー感のあるインテリアで900万円を切るとされる車両価額は、少量生産車としては低く抑えられている。

車両重量が1350kgもあるので、パワーウエイトレシオからみると激しい走りは心細いが、ロータスカーズに限って期待を裏切ることはあるまい。量産スポーツカーでは世界に例のないミッドマウントエンジンの2+2シーターというレイアウトに、秘密が隠されているように感じてしまうのも自然な流れといえる。

ロータスカーズは、13年前にアルミパネルをエポキシ系の樹脂で接着した軽量なシャシでレーシーな走りを実現したエリーゼで大成功を収めた。エヴォーラが設計が難しいと考えられるレイアウトを採用したことから、想像を超えたドライブフィールが体感できるとの期待が膨らむ。この一点が、エヴォーラ成功の鍵でもあるような気がする。
《松井孝晏》

編集部おすすめのニュース

  • 【フェラーリ SP1】プロジェクト最大の危機 画像 【フェラーリ SP1】プロジェクト最大の危機
  • 【ホンダ インサイト 新型発表】デザイントークショー…ハイブリッドの未来感 画像 【ホンダ インサイト 新型発表】デザイントークショー…ハイブリッドの未来感
  • 自動車デザインの未来は明るい---TCA卒業制作展 画像 自動車デザインの未来は明るい---TCA卒業制作展
  • 小悪魔ageha モモエリ 仕様のBMW誕生! 画像 小悪魔ageha モモエリ 仕様のBMW誕生!

特集