日産 エクストレイル 20GT…資源エネルギー庁長官賞

エコカー 燃費
日産 エクストレイル 20GT…資源エネルギー庁長官賞
  • 日産 エクストレイル 20GT…資源エネルギー庁長官賞
日産自動車は、昨年9月に発表したクリーンディーゼル車『エクストレイル』の「20GT」が、経済産業省主催の2008年度第19回省エネ大賞(省エネルギー機器・システム表彰)で「資源エネルギー庁長官賞」を受賞したと発表した。

省エネ大賞は、省エネルギー性、省資源性を持つ民生用エネルギー機器・資材、エネルギー利用システムを広く公募・発掘し、それらを表彰することで、開発支援・普及促進を図るため実施している。

今回の受賞は、クリーンディーゼル車のエクストレイル 20GTが、高トルクによる力強い加速や、低燃費によるCO2排出削減といった、ディーゼルエンジンのメリットを向上させながらも、日本の厳しい排出ガス規制「ポスト新長期規制」に世界で初めて適合するなど、クリーンな排出ガスを実現している点が評価された。

同じ出力のガソリン2.5リットルエンジン車と比較して約3割燃費が向上する。年間の燃料消費量では200リットル、CO2排出量は267kgの削減と同等レベルとなる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集