【東京オートサロン09】いよいよ国内リース販売…マツダ水素RE+電気HV

自動車 ニューモデル 新型車

【東京オートサロン09】いよいよ国内リース販売…マツダ水素RE+電気HV
  • 【東京オートサロン09】いよいよ国内リース販売…マツダ水素RE+電気HV
  • 【東京オートサロン09】いよいよ国内リース販売…マツダ水素RE+電気HV
  • 【東京オートサロン09】いよいよ国内リース販売…マツダ水素RE+電気HV
  • 【東京オートサロン09】いよいよ国内リース販売…マツダ水素RE+電気HV
  • 【東京オートサロン09】いよいよ国内リース販売…マツダ水素RE+電気HV
  • 【東京オートサロン09】いよいよ国内リース販売…マツダ水素RE+電気HV
これまでマツダが全社を挙げて開発に注力してきた水素ロータリーエンジンは、2006年『RX-8ハイドロジェンRE』として国内リース販売を実現。排ガスの代わりに“水”のみを排出するクリーンな次世代ユニットとして、世界中から注目を浴びているのは周知の通りだ。

そして2009年、マツダは公道走行試験を経た『プレマシーハイドロジェンREハイブリッド』の国内リース販売を発表した。東京オートサロン会場に車両を展示した。

プレマシーハイドロジェンREハイブリッドは、従来からある水素ロータリーエンジンに加えて、トヨタ『プリウス』などでお馴染みのバッテリー+電気モーターによるハイブリッドシステムを統合させたもの。これにより出力は40%ほど向上し、航続距離も一気に2倍となる200kmを達成。これまで通りガソリンでも走行できる「デュアルフューエルシステム」を継承し、ますます実用性を高めることに成功しているのだ。

また、この新機軸の「ハイドロジェンREハイブリッド」システムでは、電気モーターの出力特性をロータリーエンジン風に味付け。バッテリーに蓄えた電力によってモーター駆動している状況においても、内燃機エンジンのような胸のすくドライバビリティを実現しているのだとか。これはいろいろな意味で楽しみなクルマだ。
《しおたによしふみ》

編集部おすすめのニュース

特集