【トヨタF1】参戦の意義はある…渡辺社長

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【トヨタF1】参戦の意義はある…渡辺社長
  • 【トヨタF1】参戦の意義はある…渡辺社長
トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は22日の年末会見で、F1について「当面はコスト削減やリストラの進行状況も見ながら戦って行く」と述べた。ホンダの撤退により、トヨタの動向が注目されていたが、参戦を継続する。

渡辺社長は「モータースポーツへの若者の関心は世界で高い」とし、参戦の意義はあるとの見解だ。ただ、ほかのモータースポーツも含め、経費の削減など運営面の見直しは図る意向も示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • F1コスト削減でドライバーのサラリーにも影響 画像 F1コスト削減でドライバーのサラリーにも影響
  • 【スバルWRC撤退】4人がシートを喪失 画像 【スバルWRC撤退】4人がシートを喪失
  • 【スズキWRC】09年以降の参戦を休止 画像 【スズキWRC】09年以降の参戦を休止
  • 【ホンダF1撤退】福井社長「緊急を要している」 画像 【ホンダF1撤退】福井社長「緊急を要している」
  • ホンダ福井社長、すべてのビジネス見直し 画像 ホンダ福井社長、すべてのビジネス見直し

特集