三菱 i MiEV …成田空港に試験導入

エコカー 燃費

三菱自動車は、電気自動車『i MiEV』を、空港内業務用車両としての実用性検証を目的に、成田空港で実証試験を行い、その実用性を確認すると発表。期間は1か月間。

今回、国内主要空港で駐機中の航空機への電源・空調の供給、建物・諸設備の保守、管理、整備などを行うエージーピーに11月20日から試験的に導入した。エージーピーでは、環境への取組みの一つとして、低公害車の導入を進めている。

三菱自動車では、電気自動車のi MiEVを開発中で、2009年夏までに市場投入を予定している。また、電気自動車の早期実用化・普及のため、複数の電力会社や地方自治体とi MiEVの実証走行試験を実施中だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集