F1カナダGP、交渉決裂

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

先に2009年F1開催カレンダーは発表されていたが、カナダGP復活に向けて水面下で行われていた最終交渉の内幕が明かされた。

これはモントリオール市長がコメントしたもの。モントリール市はカナダGPを残すべく様々な救済プランを提示したものの、バーニー・エクレストンはそれらをことごとく却下したという。

「彼(エクレストン)が求めるところとは、ほど遠いところにいる。それがわれわれの今のポジションだ。考えられるあらゆる手を尽くしたことについては満足している」とコメントしたモントリール市長。

これにより今後の北米ラウンドはない模様。2009年は全17戦で争われる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集