【COTY 選考コメント】iQ は5点が最高…河村康彦

自動車 ビジネス 企業動向

実は今年のイヤーカーであるトヨタ『iQ』に投じたのは5点。が、そんな得点は自分の考えの中では、現在のこのクルマに対する“フルマーク”に相当するもの。

というのも、こうしたモデルの場合、「駐車が便利」であるとか「税金が安い」といった明確なインセンティブが提示されないと、多くの人はその購入にはなかなか踏み切り難いはず。ところが、「都市部は全面的に路上駐車が禁止」で「軽自動車のみに突出した優遇税制を適用」という日本においては、残念ながらiQというモデルは『その特長を生かしきれない』のだ。

すなわち、iQに残り5点を与えるためには「それを生かすためのインフラ構築が不可欠」と自分は判断した。例えばトヨタが、iQの導入とセットで一部の自治体に限ってでも良いから「全長3m以下のクルマは駐車禁止の適用除外」、あるいは「税制面で優遇措置を与える」といったシステム作りを働き掛けた実績があれば、ぼくはこのモデルに迷いなく10点を与えていただろう。
 
というわけで、トップ点を逃したiQに代わって(?)10点を与えたのはジャガー『XF』。「これからのジャガーはこう変わるんだ」という強い意欲を見事に表現したデザインと、世界屈指のスポーツサルーンとして満足すべき“人とクルマの一体感”がとても濃密なドライビングの感覚に、すっかり魅了されてしまったのだ。
 
以下、シトロエン『C5』が6点で日産『GT-R』とスバル『エクシーガ』が2点ずつ、というのが今年の自分の全配点。ちなみに、「スポーツモデル大好き!」の自分にとってもGT-Rの「全開にしないと楽しくない」という“特性”は、今の時代には大・大・大減点!

河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集