【WRCラリージャパン】三菱ランエボ、グループNで14連勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

世界ラリー選手権(WRC)第14戦およびプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第7戦となるラリージャパンは2日、最終日の競技が北海道の札幌を中心に行われた。グループN/PWRCは三菱『ランサーエボリューション』で出場したユホ・ハンニネンが優勝した。

ハンニネンはSS合計タイム3時間43分30秒4でグループN/PWRC優勝、WRC総合10位。同じくランサーエボリューションのエフゲニイ・ノビコフがグループN/PWRC2位、WRC総合11位。グループN3位/PWRC3位は新井敏弘(スバル・インプレッサ)となった。WRC総合12位。

三菱車での日本人勢は田口勝彦がグループN/PWRC7位(WRC総合16位)、岩下英一がグループN8位(WRC総合17位)、奴田原文雄がグループN9位/PWRC 8位(WRC総合18位)だった。

これで今季の三菱ランサーエボリューションによりグループN連勝記録は14となり、2008年WRCグループN完全制覇まで最終戦だけとなった。また、PWRCの連勝記録も7となり、最終戦では同じランサーエボリューションのハンニネンとアンドレアス・アイグナーがチャンピオン争いを展開する。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集