レクサス LS 一部改良…パンク修理キットをオプション設定

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス LS 一部改良…パンク修理キットをオプション設定
  • レクサス LS 一部改良…パンク修理キットをオプション設定
トヨタ自動車は、レクサス『LS』全車を一部改良し、9月1日から発売開始する。

今回の改良ではLS全車に、装備の充実、オプションの拡充および新設など仕様の変更を実施する。

ラゲージルーム容量を約50リットル拡大できる「パンク修理キット(スペアタイヤレス)」を新たにオプション設定し、荷室空間を確保する。

また、急制動時にストップランプが点滅し、後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルや、一部モデルにプリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)を標準装備し安全性の向上を図る。

地上デジタルTVアンテナのオプション設定を全車に拡大するほか、本革シート・セミアニリン本革シートに、運転席に加え助手席ポジションメモリーを新採用する。センタークラスタースイッチ英語表記を新たにオプション設定する。

「LS600h」、「LS600hL」に専用の内装色ブラック&ライトグレーを追加設定する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集