長寿命化した有機ELディスプレイを開発…東芝松下ディスプレイと出光

自動車 ニューモデル 新型車

長寿命化した有機ELディスプレイを開発…東芝松下ディスプレイと出光
  • 長寿命化した有機ELディスプレイを開発…東芝松下ディスプレイと出光
東芝松下ディスプレイテクノロジーと出光興産は、従来比で消費電力を10分の1にまで低減、寿命を30倍に改善した携帯機器用低分子タイプの有機EL(エレクトロルミネッセンス)ディスプレイを開発したと発表。

2.2型QVGAの実用画面での消費電力100mW、半減輝度寿命6万時間とモバイル機器向けの用途で世界最高レベルの性能を達成したとしている。

有機ELディスプレイは、ガラス基板上に形成した微細な有機EL層を自発光させて画像を表示するため、広視野角であるとともに画面上の早い動きでも映像がぼやけず、高コントラストで鮮明な画像を実現。また、バックライトなどの周辺部材が不要で、薄型化、低消費電力化、省資源が可能で環境に優しい特長を持つ。

今回の共同開発では、東芝松下ディスプレイテクノロジーが持つTFT基板設計技術、素子設計技術と出光興産が持つ高効率低電圧の性能を発揮するRGB発光材料と周辺材料を含めた材料の開発、両社による材料組合せについての共同評価をおこなった。

両社は今後、共同開発成果をもとに携帯機器用の中小型ディスプレイの量産化に向けた技術開発を進めるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集