【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型

自動車 ニューモデル 新型車

【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
  • 【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
  • 【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
  • 【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
  • 【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
  • 【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
  • 【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
  • 【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
  • 【D視点】花電車?…マツダ ビアンテ 新型
1
デザインの頑張り

マツダの新型ミニバン、『ビアンテ』が発表された。ビアンテは『MVP』と『プレマシー』との中間に位置するブランニューの中型ミニバン。室内空間の広さ、特に2列目シートのアレンジで広いスペースを確保できるのがアピールポイントだが、デザインも負けてはいない。

マツダはコンセプトカー『流』などで自然の造形をクルマのデザインテーマとしてきたので、ビアンテのヘッドランプからサイドウインドウに繋がる他に類のないデザインも、同じテーマとして理解し易い。また、ボディの下半分を箱形にして分離したことにより、トールタイプにもかかわらずスマートに見せることにも成功している。

元祖ミニバンメーカーと言われているマツダが社運を賭けていることは、広告からも想像される。加えて、競合他車を圧倒している個性的で豪華なデザインを見れば、デザインの魅力で大ブレークを狙っているような頑張りも伝わってくる。

しかし、超が付くほどの豪華なヘッドランプを始めとした部品類が付いた中型ミニバンに、エコロジー時代のユーザーが受け入れてくれるかどうかは、判断が分かれる。
《松井孝晏》

編集部おすすめのニュース

特集